ネットショップ開業方法 > 商品の撮影方法

商品の撮影方法

ネットショップの開業を検討している方、すでに開業されている人も少なくないのではないでしょうか。

商品が売れるようにするにはどうしたら良いか。

商品画像が美しくないと、お客様には買ってもらえません。

カメラのプロなどに撮影してもらうのが一番よい方法だとは思いますが、写真を美しく撮影する方法をここで少し解説してみましょう。

商品の撮影には、照明が絶対に必要です。

まず最初に、カバンなどを移動式のハンガーラックのようなものに見えない糸(釣り糸など)で吊るして側面から遠い場所に置きます。

カバンの立体感や光沢感など、どこを強調したいのかをはっきりと決めて、照明を当てる角度の調整をしてください。

カメラについているフラッシュを使うのは絶対にやめてくださいね。

一か所だけにフラッシュの強い光が当たり、商品が白く飛んでしまいます。

特に金具などがついている商品の撮影には注意が必要です。

金具を撮影しようとすると、金属に撮影している人の姿が写りこんだりします。

これを防止するためには、商品の周辺を何かで覆う必要があります。

通常ではレフ板やトレーシングペーパーを使用します。

もっと簡単にすませたい場合は、市販のライトボックスを使用しても大丈夫ですよ。

カメラのレンズは長めのものを使用すると映り込みが気にならない程度になります。

商品とカメラの間にトレーシングペーパーなどをいれて、トレーシングペーパーに穴をあけたりして、カメラのレンズの先だけをそこから出して撮影したりします。