ネットショップ開業方法 > ショッピングモールのデメリット

ショッピングモールのデメリット

ネットショップを開業しようとした時、どこに出店しましょう。

ショッピングモールに出店するのも良いと思いますが、ショッピングモールにはデメリットも存在します。

では、どんなデメリットがあるのか。

まずはじめに、テナント料以外にも料金がかかってしまいます。

ショッピングモールでは、家賃と同じような感じで、月々に数万円の出店費用がかかるのです。

そして、独自のサイトの場合は売上のうち、仕入諸経費をひいたすべてが利益となりますが、ショッピングモールに出店した場合には、売上の3から5パーセントの手数料を支払わなければならないのです。

そうなると利益率の低い商品の場合は、商品がたくさん売れても、諸経費を除いたらマイナスということにもなりかねません。

たくさん出店されている商品の中に紛れ込んでしまうパターンもあります。

大きなショッピングモールほど出店店舗が多いですよね。

当然、同じ商品を取り扱う店舗もあり、自分が売りたい商品を横並びに表示されることもあります。

お客様は、同じ信用度で同じ商品であれば安い方の商品を選ぶため、価格を下げなくてはならない事もでてきます。

信用がなければ、価格を安くしても買ってもらうことはできません。

まずは、信用されることから始めましょう。

お客様が知りたい基本情報は、必ずどのページからでも閲覧できるようにしておきましょう。

そして、ショップのアドレスを簡単なものにしておけば、お客様にも覚えてもらいやすく、URLじたいを覚えてもらうことも可能になります。

ややこしいアドレスはさけたほうがいいかと思われますね。