ネットショップ開業方法 > ネットショップの仕組み

ネットショップの仕組み

ネットショップを開業するにあたって、まず最初に今までのネットショップの仕組みを解説してみましょう。

お客様はネットショップオーナーに注文し、ショップオーナーはメーカーから仕入れてある商品をお客様に発送します。

メリットは、大量の商品を仕入れると粗利率が高くなります。

商品の発送の時の工夫ができます。

デメリットは、在庫の調整が必要です。

仕入れや、発送の業務に追われることになります。

一方では、ドロップシッピングというものがあり、そちらは仕入れや発送の手間がはぶけます。

ショップのオーナーをドロップシッパー、ドロップシッピングのシステムを提供する企業をドロップシッピング・サービス・プロバイダと言います。

ドロップシッピングは、通常はお客様とドロップシッパー、ドロップシッピングサービスプロバイダ、商品メーカーの4つによって成り立っています。

基本的なネットショップの場合は、仕入れや在庫の管理作業におわれることになりますが、ドロップシッピングの場合なら、ご自分が契約したドロップシッピングサービスプロバイダがこの作業を代わりにやってくれるため、手間と時間を大幅に省き、とても簡単に運営することができます。

普通のネットショップですと、上代20000円のカバンを20個仕入れて、1つも売れなかった場合、400000円の赤字となってしまいます。

しかし、ドロップシッピングは在庫がないため、まったく 売れなくても仕入れの費用の出費がなく、商品が売れると売れた分だけ利益が入ってきます。